30 1月
2014

ニフティのクラウド

・パブリッククラウドコンピューティングサービス

ニフティのクラウドはパブリッククラウドコンピューティングサービスを提供しています。仮想化されたサーバ資源を使って短時間で利用したり停止したりするオンデマンド性と時間単位でお金を課金する、国内のデータセンターで質の高いサービスを提供しています。サービス開始してから実に2500件以上の導入実績があるのが特徴です。

・安心で簡単なのがニフティクラウド

ニフティクラウドは安心で簡単に導入できます。初期費用は無料でIDを取得してから、たった5分でサービスを利用することができます。コントロールパネルは操作しやすいと評判ですし、導入支援サービスや運用代行サービスなどもありますので安心して利用することができます。そしてマニュアルも日本語なので安心です。

・信頼と実績

これまでの導入件数は2500件以上で実績がありますし、サービス品質保証制度も充実しており、公的認証や災害対策も徹底しています。セキュリティ対策についても万全を期していますので、安心して利用することができます。

・ニフティクラウドのメリット

導入するに当たってのメリットですが、ニフティクラウドを利用すれば節電対策にもつながりますし、事業継続計画対策もできます。また、豊富なAPIリファレンス、プレミアムサポートを受けることもできるので、導入することのメリットはかなりあるといってもいいでしょう。理容までの流れとしては、法人IDを取得してから10分で法人ID通知があり、さらに10分でパスワードが発行、その後ニフティクラウドに申し込みをするのは3分で完了です。”

30 1月
2014

クラウドサービス推進機構

・クラウドサービス推進機構とは

クラウドによる中小企業の経営支援を目的にして作られた団体です。中小企業とITベンダーを対象として会員にしています。情報提供、利用者とベンダーのマッチングをしていて、中小企業のIT利用促進、クラウドの普及のために貢献している段値です。

・具体的な活動は?

クラウドサービス推進機構はクラウドを導入したり活用したりすることに対しての情報提供、そしてクラウドサービスの選び方に際して必要なスキルなどを育てる講座も開設しています。これからも中小企業の経営支援に貢献しているクラウドサービスを認定するなどの制度もスタートしています。クラウドが効率的に活用される方法はどのような方法なのか、研究や調査なども行います。

・イベントの開催

クラウドサービス推進機構ではイベントを開催しており、そのイベントではクラウドサービス推進機構の設立された目的、具体的にどのような活動を行っているのか、理事長が説明しています。中小企業の経営をITでサポートすることを目的にして、白黒も行動を起こし、そして中小企業が業績を伸ばせるように、ITベンダーは手助けをしてそしてその一部を得る、ITベンダーと中小企業の間に入ってハブ的な役割をしてどちらも手助けする働きをしたいとイベントでは答えています。これからもこの団体は多くの中小企業がクラウドサービスを導入するに当たって導入しやすい環境を作り支援していく働きをします。クラウドサービスを提供する会社との間に入ってどちらも支援していくのです。”

30 1月
2014

クラウドを企業で活用する

・クラウドを企業で活用する

メリットがたくさんあるクラウドサービスですが、企業でも導入を進めているところは増えています。営業に出ているスタッフも、いちいち会社に連絡をしなくても今の状況がわかるので、外出先でもスマホや端末から在庫や会社内の状況を確認できるようになり、タイムロスをなくすことができた、チャンスを逃さずにすむといった活用を行っているところも増えています。これはクラウド型ストレージサービスを利用した活用法です。

・グループウェアサービス

ネットを経由して社員のスケジュールを確認できますので、営業スタッフが外出先からもスケジュールのチェックができて業務の連携がとても円滑になります。クラウドの上の情報を共有することができるので、営業で日中外に出ている社員でもいつも社内のコミュニケーションがスムーズに取れます。

・営業、顧客管理システム

クラウドを顧客の管理に使うことができます。営業担当が外出先から見ることもできるので、お客様のニーズやステータスに合わせて的確な営業を行うことができるようになります。また外出先から営業ステータスの情報を更新可能なので、ステータス管理が的確ですし、効率もアップするメリットがあります。多くの企業でクラウドサービスを導入しているところは増えています。特に外出が多い営業職の風通しがよくなったと好評で、連絡ミスやタイムロスが少なくなって業務効率がアップします。伝達ミスなども減るでしょう。”

30 1月
2014

クラウドのデメリット

・カスタマイズすることが難しい

クラウドのデメリットとしてカスタマイズすることが難しいというデメリットがあります。コンピューターのシステムを自分で持っていてカスタマイズ、運用変更が可能な場合と比べれば、提供サービスはある程度枠にはめられているので、同じ業者のほかの会社と野差別化を図るのが難しくて、突然変更するとなるとそれに対応することができないというリスクもあります。最近は条件付ではありますがカスタマイズができるサービスも増えつつあります。

・サービスの安定稼動のリスク

データがすべてクラウドサービスに集まっているので、サービスを提供している会社がネットワーク障害を起こしたり、クラウドサービスを提供している会社が倒産したり、サービスそのものを終了した場合には、クラウドサービスが使えなくなります。そうなればクラウドコンピューティングを使っている会社の経営もストップしてしまうこともあります。不安定さに対してのリスクがデメリットとしてあげられます。

・セキュリティのデメリット

ネットを使うことが前提でサービスを利用しますので、クラッカー攻撃の目標となっていて中でも、個人情報などがある顧客情報、経営情報といったほかに漏洩しては困る情報を取り扱っているなら流出するリスクがどうしてもあることがデメリットとしてあげられます。クラウドの上に預ける情報の取捨選択はしっかりと確実にしなければいけません。ハッカーに進入され情報漏えいでもしたら大変です。”

30 1月
2014

クラウドの無料サービス

・無料のクラウドが登場

クラウドサービスはとても便利ですが、今無料で使えるクラウドサービスも登場しています。種類によってもいろいろで知識や情報を入れることができるものもあれば、写真だけのクラウドサービスもありますし音楽を入れておくこともできます。後で読みたいファイルを格納することもできます。作業ファイルなどを自由にクラウドサービスで無料で利用できるのでとても便利なところもあります。

・具体的なクラウド無料サービス提供は?

Evernote、こちらは検索機能がとても強いのが特徴で無料アカウントになれば1ヶ月60MBまで利用可能です。ウェブページやレポートなどのPDFファイルから写真なども利用できます。そしてpricasaは写真クラウドサービスです。グーグル+にアカウントを作っていれば、2048×2048以内の写真は無制限に預けることができるメリットがあります。スカイプドライブ、こちらはマイクロソフト提供のクラウドです。無料で7GBまで利用できるのでかなり容量は大きいです。そしてドロップボックス、こちらは無料で2GBまで利用することができます。

・どれを選ぶか?

クラウドサービスの無料のサービスの選び方ですが、選ぶ際はどのようにして選ぶのがいいのかといえば、やはり容量や、どのようなものを預けるのに特化しているサービスなのかその特徴をよく見て選ぶといいでしょう。容量のサービス内容もそれぞれまったく違っているのでそれぞれの内容をよく理解した上で利用するサービスを利用したいですね。”

30 1月
2014

クラウドの意味

・クラウドの意味がわかりにくい

クラウドサービスは今導入がかなり進んでいますが、意外と意味がわかりにくい特徴があります。クラウドの意味を簡単に言えば、ネット上でデータや情報を保存して情報を提供するというサービスのことを言います。クラウドの本来の意味としては雲で、ネットの世界を雲にたとえているのです。ネットが目に見えず触ることもできない世界だからクラウド、雲に例えているのでしょう。考えた人はすごい例え方をしたものですね。

・インターネット上で

クラウドの意味だけを見ればインターネット上でという意味になります。実際はサーバーになることになりますが、インターネット上で預かるのがクラウドサービスです。保存場所がネット上でまとめて管理してもらえるので、パソコン、スマホ殿端末を使っても情報が取り出せる便利さがあります。インターネット上で自由に取り出せるとても便利なサービスです。

・クラウドは略語です

クラウドは正式な名前はクラウドコンピューティングです。クラウドサービスも、クラウドもクラウドコンピューティングもすべて同じ意味です。似た言葉にクラウドソーシングという言葉がありますが、このときのクラウドはまったくこのクラウドサービスとは違います。クラウドソーシングのクラウドは群集や大衆といった意味の雲ではなくてcrowdからきています。雲ではありませんので、これは理解しておいたほうがよさそうですね。同じクラウドという言葉でも意味が違うというわけです。”

30 1月
2014

クラウドのセキュリティ

・クラウドはどこまで保障してもらえる?

クラウドを利用している会社はセキュリティ面で不安を抱えていることが多いです。以降先のクラウドで資産がどのように処理されていて、物理的に論理的にどんな風にセキュリティで守られているのか、これは利用者に目に見えてわからないですから不安もあるでしょう。会社のIT管理者からしてみれば、情報漏えいが起きないかどうかの不安もありますし、もし情報漏えいが起きてしまったら、その責任はどこに所在があるのか不安だという声が上がっています。保障してもらえるのかどうかも問題となっています。

・仮想化環境でのセキュリティ

クラウドではクラウドコンピューティングを支えているのは仮想化した技術です。仮想化、これはたくさんある物理サーバーの集約とコストを削減することを実現させる基本として注目されています。仮想化技術も仮想化固有のセキュリティの考え方がいくつかあります。物理サーバーがない状態では機械間の通信、これは物理的ネットワークを使っていました。ですが仮想化が基本になっていると同じ物理サーバーの中のゲストマシンはハイパーバイザーを通れば通信可能です。使いたいリソースだけ使いたいだけに使えるメリットが出てきます。しかしセキュリティ面では常に行うことが難しいデメリットもあります。

・クラウドにはセキュリティ対策は不要

クラウドを使う側からしてみればセキュリティは不要です。それは仮想化されていることやセキュリティは提供しているサービス会社が行うからです。セキュリティが強化されている会社を選ぶ必要があります。”

30 1月
2014

クラウドのメリット

・サーバー、ソフトを買わなくてもいい

メリットの1つとしてサーバーやソフトを購入しなくてもいいというメリットがあります。クラウドサービスというのは基本、これらは所有ではなく利用するという考え方をしますので、サーバーを買う必要もありませんし、初期費用なども必要ありません。また資産として計上しなくてもいいのでかなりコスト削減につながります。

・システム構築期間の短縮

これまでは業務アプリを使うためにはたくさんの時間も能力も必要でした。ハードウェアを買って、設置して準備をして接続のテストをする基本のインフラ整備をするだけでもかなりの時間がかかりました。そして実際にアプリを開発するに当たってはハード、データベースの制約もありますので、開発にかかる時間はかなり長くなります。クラウドなら開発も手間もかけずに業務アプリが使えます。

・効果的にIT投資ができる

これまではサーバー購入やアプリ導入初期費用がかなりかかりました。そのためIT投資を実現させるためにはお金がかかりました。しかしクラウドサービスなら初期費用の負担がほとんどないという特徴があります。使ったときに使った分のみお金がかかるのでコストパフォーマンスに優れています。

・メンテナンスフリー

アプリを導入してからはメンテナンスを行う必要があります。追加で機能を入れたり弱い部分を修正したり、アップデートも必要でした。インストールしたパソコンすべてにこれらのすべてをしなければいけませんでしたが、クラウドサービスなら、サーバーで管理されているので、アップデートなどもすべてサービスを提供している会社が行ってくれるのでメンテナンスフリーです。”

30 1月
2014

クラウドサービス

・クラウドサービスがなぜ今?

クラウドサービスはとても身近なところで使用されているサービスですがなぜ今話題に上がって注目されるようになったのでしょうか。個人で利用していたサービスが会社でも導入されるようになったところも増えています。それは社内でネットワーク環境を作って、位置からシステムを作るよりは、クラウドサービスを使ったほうが費用の面でも有利になることが多いことやセキュリティーの面でも便利になることからクラウドサービスが注目されてきたのです。

・クラウドサービスの三つの種類

クラウドサービスは業務上展開していく上で三つの種類に分けることができます。サーズ、パーズ、ハース、この三つが有名で、それぞれ特徴が違っているので、業務をする上でどのクラウドサービスを利用するのか検討することになります。

・クラウドサービス3つの特徴

サーズはインターネット経由でソフトを提供しています。パソコンにアプリがインストールされていない場合でもサーバーにアクセスをすればそのアプリが使えるというサービスです。Gメールもこれに当たります。そしてパーズは、インターネット経由のアプリ開発や運用をする場所を提供しています。エンドユーザー向けというよりも、システム開発に携わる人や管理者を対象にしています。そしてハース、こちらはネット上でハードウェア、回線などのインフラを提供しています。クラウドの中でインフラ基盤自体が使えるので利用者は、ハードウェア資産を所有しなくてもいいので便利です。”

30 1月
2014

クラウドとは

・巷でよく聞くクラウドって?

最近クラウドという言葉をよく聞くという人が多いのではないでしょうか。それに加えてストレージとかグループウェアなど関連している言葉も聴く機会が増えていると思います。クラウド、これは何も知らない人からしてみれば雲を英語にした言葉だと思っている人もいるかもしれませんが、実際クラウドというのは雲ではないのです。一般的に昔からネットワークを表現する際に雲を使うからクラウドという言葉ができたといわれていますが、もやもやしているとか、存在していないとか、実感できない、そんな意味から付けられたのかもしれません。

・クラウドの概念は?

クラウドの概念、これはデータを自分が持っているPC、スマートデバイスとだけでなく、ネット上に保存をして使ったりするサービスのことです。家、会社、ネットカフェや学校、図書館や外出先といったさまざまな場所でパソコンやスマホなどから同じデータや情報を見ることができますし、編集やアップロードもできる仕組みです。人と共有することもできます。

・ウェブメールもクラウド

個人でウェブメールとしてヤフーメールやGメールを利用している人も多いかと思いますが、これらのメールはスマホからもどのパソコンからでも閲覧できるので、日本にいても海外にいてもメールのやり取りができて便利です。これがクラウドです。インターネット上に保存されてどこでもネットを介せば見ることができるサービスです。”

Follow Me!

Follow Me! Follow Me! Follow Me! Follow Me!

Search

カテゴリー